FXの仕組み

そもそもFXって何でしょう?

FXとは、簡単にいうと日本円や米ドルなど外国の通貨を売買して利益を得る取引のことです。
円とドルの両替をイメージしてもらうとわかりやすかもしれません。

FXとは、外国為替(Foreign exchange)の略称で、円やドルなどの2カ国の通貨を売買することを言います。おおざっぱに言うと通貨の両替ですね。この通貨の交換の方法として、 FX会社にお金を預けて、為替レートの上がり下がりで売買を行い、利益を得る取引を外国為替証拠金取引と呼び、こちらをFXと呼ぶことが多くなってきました。

FXは通貨の交換ですので、その市場は個人投資家だけではなく金融機関、一般企業、機関投資家も参加しているとても大きな市場です。テレビのニュースでも「今日の東京外国為替市場の円相場は...」とよく耳にしますが、いったいどのような市場なのでしょうか。

FX取引の流れ東京外国為替市場って、日本の金融中心地、兜町にあるの?それとも日本政府が運営しているの?と思うかもしれませんが、実は、東京外国為替市場というのは、どこかにあるわけではありません。銀行と銀行をつなぐネットワークを指して市場と呼んでいるのです。この銀行同士が取引するネットワークのことを「インターバンク市場」と呼び、これがFX市場(外国為替市場)です。
   私たち個人の投資家や一般企業、機関投資家は、銀行やFX会社に注文を出して、引き受けたFX会社は、このインターバンク市場で外貨を用意します。こうした市場を対顧客市場と呼ぶこともあります。

FXは24時間取引できますこうしたネットワークからなるFX市場(外国為替市場)は、世界各国の金融機関どうしの連携を行っていて、ニュージーランドのウェリントン市場を皮切りに、シドニー、東京、香港、シンガポール、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークとリレー式に、時間と共に取引の中心が移っていきます。そして、再び地球をめぐってウェリントンへと戻ってきます。このように、外国為替市場は、月曜朝のウェリントンから金曜夜のニューヨークまで、24時間休み無く取引が続けられています。

また、参加者が多いのもFX市場(外国為替市場)の特徴です。世界中の金融機関、一般企業、機関投資家、個人投資家が参加しますので、1日の取引高は約3 兆2000億ドル(2007年、BIS(国際決済銀行)の調べ)にもなります。これは2004年の調査から71%も増加したことでもわかるように、非常に成長している市場です。取引高が多くなることで、売買が成立しやすくなり数も増えます。自分がどんなに通貨を買いたくても(もしくは売りたくても)、取引相手がなくては成立しませんが、たくさんの参加者がいるからこそ、「売るに売れない」なんてことは圧倒的に少なくなってきます。

FXは24時間取引できます

上にもどる  ▲

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧