FXの仕組み

外国為替取引のいろいろ

外国為替取引は投資を目的とした取引だけではありません。
さまざまな理由から取引が行われ、お互いに市場へ影響を及ぼしています。

もう少し詳しく外国為替取引をみてみましょう。
   世界中の金融機関、機関投資家、一般企業、そして個人投資家などが、それぞれの目的や理由によって取引を行っているのが外国為替取引です。こうした取引の中には大きく分けて4つの取引があります。

経常取引

経常取引わかりやすく貿易を例に考えてみましょう。日本の電化製品をアメリカに輸出したとします。その際、電化製品の代金はドルで支払われますが、日本円に替える必要があります。また、その製品を製造する時には、必要な材料を輸入します。その材料費は、円を外貨に替えて支払われます。こうした取引を「経常取引」といいます。経常取引にはこのほかに、運輸や海外旅行などの時の取引も含まれます。多くの企業が決算期を迎える3月に業績確定のために、外貨を売って、円を買ったり、大型連休で多くの人が海外旅行などで必要な外貨を両替したりお土産物を買ったりすることが、外国為替取引に影響を及ぼすことが多いと言われます。 これら経常取引の多くは規則性があったり、継続的であることが多いと考えられます。

資本取引

資本取引「資本取引」とは、海外の株や債券などに投資するために行われる為替取引で、具体的な製品やサービスはありません。安定した家賃収入が見込めそうな不動産物件に海外投資家が参入したり、海外の魅力的な投資信託に申し込みが増えたりといった取引を指します。国外の株式や債券の取引も外国為替取引に影響を及ぼし、投資先の国の景気や経済動向によって投資が左右されやすく、一定期間続くことが多いのが特徴です。

投機取引

投機取引日々行われる外国為替市場取引の多くを占めているのが投機取引です。相場の変動で利益を得る取引で、私たち個人の投資家をはじめ、金融機関や機関投資家が取引を行っています。比較的短期に売買を行うため、短期的な相場に影響を及ぼします。近年の外国為替市場の取引高を押し上げているのも、こうした個人の投資家の参加による投機取引が大きいといえます。

公的取引

公的取引政府や中央銀行が外国為替市場に参加する取引を指します。「市場介入」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、これなども公的取引にあたります。日本の場合、輸出で利益を上げていますので、急激な円高は企業にダメージを与えてしまいます。日本製品が海外である日を境に急に高くなってしまっては、売れなくなってしまうからです。一国で市場への介入を行うこともあれば、関連諸国で協調して介入することもあります。
   これらは政府や中央銀行が行いますので、市場への影響度は非常に大きく、市場参加者はその動向に注視しています。実際に行動を起こさずに、可能性だけをほのめかすこともありますが、短期に大きな影響を及ぼす可能性があるといえます。

上にもどる  ▲

FX用語解説

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧