専門用語解説

ストキャスティクス

  • ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、オシレーター系のテクニカル指標のひとつで、「買われすぎ」、「売られすぎ」を判断するときに使います。 1950年代にジョージ・レイン氏により考案されたチャートで、「%D」が80%以上で買われすぎ、20%以下で売られすぎと判断し、買われすぎのときは下落を予想して「売り」と判断し、売られすぎのときは上昇を予想して「買い」といったように判断します。ストキャスティクスには、反応の速いファーストストキャスティクスと反応の遅いスローストキャスティクスがありますが、だましの少ないスローストキャスティクスが使われることが多いようです。

だまし テクニカル分析 テクニカル指標

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧