専門用語解説

ダイバージェンス

  • ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、相場の値動きとテクニカル指標の動きが逆行することを言います。 通常、テクニカル指標は、相場の動きを予想するので、テクニカル指標が上昇トレンドを示せば同時にローソク足も上昇トレンドを描きます。しかし、それが逆になる場合があります。例えば、ローソク足では上昇トレンドで高値を更新しているのに、RSIは下降しているなどです。この現象をダイバージェンスと呼び、RSIやRCI、MACDなどのテクニカル指標ダイバージェンスが現われた場合、トレンドの転換点が近いと予想されます。

テクニカル指標 高値 安値 ローソク足

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧