専門用語解説

トレール注文

  • トレールちゅうもん
  • trail order

トレール注文とは、逆指値注文に値幅の指定機能が付いた注文方法で、為替レートの変動に伴い一定の値幅で逆指値注文が自動的に更新される機能を指します。 トレール注文は、上昇トレンド、下降トレンドなどの一定方向への勢いが強い時に使うと便利です。例えば、相場が勢いよく上昇しているときに、トレール注文で買い注文を入れたとします。トレール幅を10pipsとした場合、逆指値の売り注文は、常に変化する保有ポジション価格より10pipsだけ低い価格で設定され、保有ポジション価格の上昇と連動して10pips低い価格で上昇します。ただし、保有ポジションが下がった場合は連動しないため、保有ポジションの価格が下がったときは、下がり始めた時点の価格より10pips低い価格で売り決済されることになります。 売りポジションを保有した場合は、これとは逆になります。 このように、トレール注文は、為替変動に合わせて差益を確保するときに役立ちます。

為替レート 指値注文 買いポジション 売りポジション

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧