専門用語解説

ボリンジャーバンド

  • ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、トレンドを探るテクニカル指標のひとつ。平均と誤差の標準偏差によって形作る帯をもとに表わし、市場のボラティリティを探ることに力を発揮します。 ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)とは、ジョン・ボリンジャーが開発した移動平均線と、標準偏差によって求めた価格帯(バンド)で表すテクニカル分析指標のひとつ。 統計的に相場がこのバンド内での変動(ボラティリティ) にとどまる可能性が高い、という考え方にもとづいて売買スタンスを判断します。ボリンジャーバンドには、3つのバンドをつくる線があり、内側から上下に±σ、±2σ、±3σと呼ばれています。統計上、相場は68.27%が±σ内にあり、95.45%が±2σ内に、99.73%が±3σ内に収まるとされています。この統計上の数字から、相場を予想する方法があり、例えば、ローソク足が±2σのどちらかの線を越えた場合は、異常値ととらえ、いずれ修正されると読むなどです。 また、もみあい相場などでバンド幅が小さくなった相場から急に勢い良くバンドが広がり始めるときがあります。そのようなときは、相場が±2σを抜けた時点から順張りでポジションを取るという使い方もあります。

為替相場 テクニカル分析 テクニカル指標

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧