専門用語解説

ポジポジ病

  • ポジポジびょう

ポジポジ病とは、相場の値動きに対して利益を上げようと焦るために無理にポジションをとりたくなる気持ちを指します。デイトレードなどでコンスタントに利益を出しているトレーダーが、初心者のやたらにポジションを取りたがる心理や行動を揶揄して「ポジポジ病」と呼んだことが始まりです。 1日の相場の動きの中で、トレンドがハッキリして変動幅が大きく利益が出しやすい場面は、そうあるものではありません。利益を出しているトレーダーは、1日、ほんの数回のチャンスを逃さずにトレードして利益を上げるのに対し、初心者は状況を良く見ずに注文を入れがちです。結局、このような行動パターンは負けにつながるものですから、この行動を戒めるために「ポジポジ病」として注意を喚起しているのです。

為替レート デイトレード ポジション

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧