専門用語解説

マージンコール

  • マージンコール

マージンコールとは、取引によりFX会社が定める一定の証拠金維持率を下回った場合にFX会社が通知することを指します。証拠金維持率は、証拠金残高÷必要証拠金×100から求められます。 マージンコール証拠金の追加の依頼のための通知です。通知が来ても証拠金を追加すれば証拠金維持率は上がり強制ロスカットされることはありません。しかし、相場が不利な方向に動き、新たに損失が出て証拠金維持率を下回れば、再度マージンコールを受けることになります。証拠金維持率は、証拠金残高÷必要証拠金×100から求められます。強制ロスカットが執行されるパーセンテージはFX会社により異なります。また、マージンコールをするかしないかもFX会社により異なります。

証拠金 ロスカット 強制決済

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧