専門用語解説

レジスタンスライン

  • レジスタンスライン

為替相場が上昇した際にその後の下降を期待した注文があることにより、上昇した為替レートのさらなる上昇を妨げることがあります。これをチャート上で結ぶことによりレジスタンスラインと呼ばれます。 レジスタンス・ライン(抵抗線)とは、ローソク足などを使ったチャート分析において、過去にその水準で為替レートが上げ止まった「上値・天井」の何点かを結ぶことで現れるラインを指します。このラインは市場参加者の多くが、これ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯を示しています。そのため多くの投資家は、このライン付近に指値の売り注文を出している場合が多く、結果として価格はこのラインを超えて上昇せず反転してしまいます。 上昇しようとしている動きに抵抗しているラインということで、レジスタンスラインと呼ばれています。 レジスタンスラインを一度超えてしまうと、それまでレジスタンスラインだった線が今度は下支えをするサポートラインになる場合がよくあります。

トレンド ローソク足 テクニカル分析

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧