専門用語解説

ローソク足

  • ローソクあし

ローソク足とは、一定の期間の値動きのうち、始値終値高値安値の四つの値をもとに描くローソク型の棒線で示すチャートのことを指します。 ローソク足は、形がローソクに似ていることからそう呼ばれます。海外ではキャンドルチャートと呼ばれ親しまれています。四角い棒状の上下に線が伸びている形が基本で、相場の変動により、その形が長くなったり短くなったりします。市場が上昇した場合のローソク足陽線と呼び、白または明色で表し、市場が下落した場合のローソク足陰線と呼び、黒または暗色で表します。ローソク足1本から4つの情報を読み取ることができ、投資家の心理まで読み解くことができると言われるほど、その情報は深く、多くの投資家はローソク足を使っています。

為替相場 高値 安値 始値 終値 陽線 陰線

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧