専門用語解説

一目均衡表

  • いちもくきんこうひょう

一目均衡表は、昭和初期に一目山人(本名・細田悟一)によって考え出された、時間の概念を取り入れたテクニカルチャートのことを指します。一目均衡表は時系列チャートの一種で、ローソク足のチャートに基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンから構成され、二つの先行スパンに挟まれる領域を「雲」と呼び、時間の進行に合わせた売買の均衡を探ることに力を発揮します。一般的に価格が雲を下に抜けると「売りサイン」、上に抜けると「買いサイン」と言われています。

テクニカル指標 為替相場

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧