専門用語解説

三尊型

  • さんぞんがた

三尊型とは、チャートパターンのひとつで、相場が天井を形成する時の典型的な形を指します。 テクニカル分析において、3回高値をつけて真ん中が一番高くなっているパターンで、仏像が三体並んでいるように見える形から「三尊型」、人の頭と肩のような形から「ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ」と呼ばれています。この形を形成する途中で2回の安値がありますが、この安値を結んだ線をネックラインと言います。このネックラインから真ん中の高値までの幅とネックラインからの下げ幅が等しくなる時点が利食いのめどとされています。

テクニカル分析 天井 ネックライン トレンド

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧