専門用語解説

三角保ち合い

  • さんかくもちあい

三角保ち合いとは、テクニカル分析において、ローソク足の高値高値を結んだラインが右肩下がりで、安値安値を結んだラインが右肩上がりになるような保ち合い相場を三角保ち合いと言います。 相場がある小さな幅内で上下を繰り返しているときに、上値の抵抗線と下値の支持線が徐々に近づき、連続するローソク足が三角形の形状に見えることから、こう呼ばれています。 三角保ち合いには、高値高値を結んだラインが右肩下がり、安値安値を結んだラインが水平でペナント型に見える三角保ち合いや、その逆もあります。 いずれも、抵抗線または支持線を抜けたときに、その方向に相場が大きく動く傾向にあります。

保ち合い 支持線 抵抗線 高値 安値 テクニカル分析

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧