専門用語解説

企業物価指数

  • きぎょうぶっかしすう

企業物価指数とは、企業間で取引される中間財や原材料の商品価格の変動をみる日本の経済指標のことを言います。日本銀行が2002年まで「卸売物価指数」の名前で毎月発表していましたが、「2000年基準」に改定され「企業物価指数」に名称が変更されました。 企業物価指数は、企業間で取引される商品の取引価格を指数化したものです。物価指数には、「国内卸売物価指数」「輸出物価指数」「輸入物価指数」「総合卸売物価指数」の4つがあり、現状の経済がインフレ寄りか、デフレ寄りか、をみる指標として使われます。 「2000年基準」に改定されるまでは「卸売物価指数」の名称でしたが、現在は「企業物価指数」に変更し、流通形態が変化しつつある現状に則した指数となっています。

経済指標 インフレーション デフレーション 卸売物価指数

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧