専門用語解説

口先介入

  • くちさきかいにゅう

口先介入とは、市場に資金を投入するのではなく、政府首脳や金融当局者等が、発言によって外国為替相場の流れを意図した方向に動かそうとすることを言います。 口先介入は、実際に資金を投入するわけではありませんが、政府の思惑としてドル高円安が好ましい場合は、「市場の動きを注視し、必要なときに必要な対応を取る」といったような発言をすることがあります。市場参加者はこのような発言に留意しているため、ある程度の効果が期待できることもありますが、実際に介入しているわけではないので、必ずしも思惑通りに相場が動くとは限りません。

テクニカル分析 ネックライン トレンド

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧