専門用語解説

基軸通貨

  • きじくつうか
  • キーカレンシー

基軸通貨とは、国際間の決済や金融取引の基軸となる通貨を言います。現在は米ドルが基軸通貨とされています。基軸通貨が備えるべき条件として、 ●国際間の貿易、資本取引に広く使用される決済通貨であること。 ●各国通貨の価値基準となる通貨であること。 ●通貨当局が対外準備資産として保有する準備通貨であること。 が挙げられます。 19世紀から20世紀初頭にかけてはイギリスポンドがその役割を果たしてきましたが、第一次世界大戦でヨーロッパ各国の経済状況は悪化。代わりにアメリカが台頭し、第二次世界大戦後には、その経済力を背景に米ドルが基軸通貨になりました。 現在、国際的な取引の80%ほどは米ドルで行われています。

外国為替市場 外国為替

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧