専門用語解説

外貨準備高

  • がいかじゅんびだか

中央銀行や金融当局が保有する流動性の高い外貨建ての資産を外貨準備高と言います。 外貨準備高は「国民経済の貯金」とも呼ばれ、急激な為替変動に対処したり、貿易等の国際取引を円滑にするために用いられます。外貨準備高の主目的は為替介入などの為替変動への対応ですので、外貨準備高の大きさが対外資産の高さを表しているわけではありません。

中央銀行 為替相場 為替介入

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧