専門用語解説

実質金利

  • じっしつきんり

実質金利とは、名目金利からインフレ率を差し引いた金利を指します。 例えば、1杯500円のコーヒーが世間の物価上昇に伴い1杯600円になったとします。この時の物価上昇率(インフレ率)は20%です。 一方、その間に、500円を銀行に預けていたら、どうでしょう。この銀行は非常に金利(名目金利)が高く10%付きます。すると500円は金利が付いて550円になります。 500円が550円に増えて得したようですが、実際には、以前は飲めたコーヒーは飲めません。つまり、名目金利が物価上昇率(インフレ率)を超えることが出来なかったので、実質金利がマイナスになったということです。 このように、実質金利は表面に出ている金利でなく、実際の金利を意味します。

名目金利 インフレ率

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧