専門用語解説

差金決済

  • さきんけっさい

差金決済とは、取引の決済を行う時に実際の商品の受け渡しを行わず、差金の授受のみによる反対売買を行うことを指します。 外貨預金や株取引では、100万円の取引ならば100万円を用意しなければなりません。その100万円分の外貨や株が120万円分になったら120万円を受け取れます。このときの利益は20万円です。ところがFXでは、5万円ほどの金額でも100万円分の取引ができます。もし、この時、外貨が120万円分まで値上がりしたら、その時点で決済すれば、20万円の利益を得ることができます。このように、実際の取引金額の現金を用意しなくても、その差額のみの受け渡しで決済ができることを差金決済と言います。

決済 為替相場

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧