専門用語解説

強制決済

  • きょうせいけっさい

強制決済とは、FXにおいて、顧客の損失を拡大させないようにするためにFX会社が強制的に保有しているポジションを決済することを言います。 FXでは、預かり資産または証拠金に対して、損失額がある一定の基準(ロスカット・ルール)を超えてしまった場合、強制的に保有しているポジションは決済されます。FXには、株取引と違い、ストップ高・ストップ安と言った値幅制限のシステムがありません。そのため、急激な為替変動があった場合、ロスカット・ルールが設けられていないと損失額が預かり資産を上回ってしまうばかりか、損金を支払わなければならなくなるケースも出て来てしまいます。そのため、顧客保護の観点からFXではロスカット・ルールを設け、損失額が一定の基準を上回った際に自動的に決済が行われます。 また、強制決済の前にマージンコールを行う会社と行わずに執行する会社があるなどFX会社により対応が異なります。

ロスカット マージンコール ポジション

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧