専門用語解説

政策金利

  • せいさくきんり

政策金利とは、各国の中央銀行が一般の銀行に融資する際の金利を指します。 政策金利中央銀行の政策によって決められ、景気が良い時は高く設定されて景気の行き過ぎやインフレを抑制し、景気が悪い時は低く設定されて景気を刺激します。 政策金利は、その国の通貨のベースとなる金利であり、日本では1994年9月までは、公定歩合を政策金利と呼んでいました。しかし、現在は「無担保コール翌日物金利」が政策金利と呼ばれいます。銀行が自由化された現在では、日銀が公定歩合で金利操作をすることはなくなり、無担保コール翌日物市場と呼ばれる短期市場に直接介入することにより、短期金利を操作しています。 ちなみに、公定歩合は名称が変更され、「基準割引率および基準貸付率」と呼ばれるようになりました。

中央銀行 インフレ率 公開市場操作

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧