専門用語解説

日銀短観

  • にちぎんたんかん

日銀短観とは、毎年3・6・9・12月に行われる、景気の現状と先行きを企業から聞き取りを行う企業短期経済観測調査を指し、4・7・10・12月に発表されます。 日銀短観の正式名称は「主要企業短期経済観測調査」と言います。 業種別、規模別に分けて抽出した全国の企業を対象に、金融政策当局が直接、各企業の経営者に景気の現状認識と先行きの業況感をアンケートを通じて調査します。サンプル数が多く回収率も高いため、多くの経済指標の中でも特に注目され、その内容は株価や為替レートなどに大きな影響を及ぼします。

日本銀行

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧