専門用語解説

証拠金

  • しょうこきん

証拠金とは、外国為替証拠金取引(FX)を行う際にFX会社に「担保」として預けるお金のことを指します。 外国為替証拠金取引(FX)では、この証拠金を預けることで、それを担保にレバレッジを効かせて、預けたお金の何倍もの取引が出来るようになります。 また、損失が発生した場合はこの証拠金から損失分が差し引かれます。証拠金にはいくつかの種類があり、代表的なものとしては、ポジションを維持するために必要な証拠金を「維持証拠金」「取引証拠金」「最低証拠金」などと呼びます。また、未決済のポジションの含み益含み損も反映したものを「有効証拠金」と呼びます。呼び方はFX会社によって異なりますが、内容は同じものです。また取引証拠金は、各FX会社の設定レバレッジによっても変わってきます。

含み益 含み損 レバレッジ

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧