専門用語解説

追加証拠金

  • ついかしょうこきん

追加証拠金とは、評価損が発生した時に証拠金を維持するために追加で差し入れなければならない証拠金のことを指します。 FXの特徴としてレバレッジがあります。レバレッジをかけることにより証拠金の何倍もの取引を行うことができますが、利益が大きくなる反面、損失の金額も大きくなるという特徴があります。このような取引において、追加証拠金は含み損が一定の範囲を超えて膨らんだときに発生します。証拠金は、取引金額の数パーセント以上が必要になりますが、含み損で証拠金が目減りすると取引金額に対して証拠金を維持できなくなります。そこで、証拠金の追加が必要になってくるのです。通常は、各FX会社によって、証拠金維持率があるパーセンテージになったら強制的にポジションを決済する「ロスカットルール」が決められていますので、追加証拠金が発生する前に強制的に決済されてしまいます。 ちなみに追加証拠金は、「追証(おいしょう)」とも呼ばれています。

ポジション ロスカット

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧