専門用語解説

逆指値注文

  • ぎゃくさしねちゅうもん

逆指値注文とは、現在より高い値段での買い注文、または現在よりも安い値段での売り注文を指します。為替の取引で利益を上げるためには、「安く買って、高く売る」または「高く売って、安く買う」ことが基本です。外貨を買った場合、買った時の値段よりレートが高くなれば含み益が出るし、外貨を売った場合は、売った時点のレートより安くなれば含み益が出ます。しかし、予想に反して、買った時点よりレートが下がってしまった場合や売った時点よりレートが上がってしまった場合は、含み損がでてしまいます。そんな時に、損がそれ以上膨らまないように、ポジションを決済して損失を限定しようとする時に逆指値注文を用います。

約定 為替差益 為替差損

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧