専門用語解説

MACD

  • マックディー
  • Moving Average Convergence and Divergence

MACDとはトレンドを探るテクニカル指標のひとつ。Moving Average Convergence and Divergence の頭文字を取ってMACDと書き、マックディーと読みます。 MACDとシグナルの交差を読み取りトレンドを予測します。 MACDは1979年にジェラルドアベル氏によって開発されたテクニカルツールで、比較的精度が高く広く使われています。MACDトレンドの方向性を予測することに優れており、MACDとシグナルの交差を見て判断します。具体的にはゼロラインより上でMACDがシグナルを上から下へ抜けたら「売りサイン」。ゼロラインより下でMACDがシグナルを下から上へ抜けたら「買いサイン」と見ます。 MACDの求め方は、以下の計算により導かれます。 ・MACD=短期EMA-長期EMA ・EMA=前日EMA×(1-α)+1×当日の指数×α ・α=2÷(n+1) (nは計算期間:5日であればn=5)

テクニカル指標 テクニカル分析 トレンド

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧