投資マニュアル

信託保全

信託保全完備の有無はFX初心者の方が新規に口座開設する際に絶対にチェックすべき項目です。

大事なお金を安全に運用したい方にとって、FX(外国為替証拠金取引)会社を選ぶ上でのポイント、信託保全について掘り下げていきます。

信託保全とは、「信託分別管理」のことを指します。外国為替証拠金取引業者が自社の資産と顧客の資産を分けて管理するために、信託銀行と信託契約を締結し、顧客からの預かり資産(証拠金など)を信託口座で管理することをいいます。
信託分別管理(信託保全)が行われることにより、万が一、FX業者が破綻した場合でも、信託管理人が信託銀行から信託財産の交付を受けて、顧客にその資産を返還します。
ただし、顧客の資産元本を全額保証する制度ではありませんので、取り扱い商品の相場変動により、委託した金額の範囲を超える損失が発生するリスクがあります。対して、信託保全を実施していない業者の場合、委託した資産がまったく顧客に還らない可能性があります。信託保全の実施は、万が一のときの顧客の保護策としてFX業者のとれる最善の方策といえます。

上にもどる  ▲

最新トピックス

【コラム】失敗例に学ぶ
初心者が陥りやすい負けパターン徹底分析
【コラム】中長期の投資スタイル
様々な中長期の投資スタイルを目的別に見てみよう!
【コラム】取引コストを抑えよう
スプレッド、手数料を株、外貨預金、投資信託、両替などと比較

最新トピックス一覧はこちら >>

まずは、情報収集!投資マニュアル

疑問は直ぐ解決  初心者Q&A

株とFX、投資の方法はどうちがう?

■掲載FX会社一覧